耐震診断|静岡|駿河

新着情報

地震はいつなんどき、どのような規模で起こるかは、誰にもわかりません。
「耐震診断」とは、もしものときに想定される地震動に対して既設の建物が耐えられるかどうかを判定することです。
建物の設計上の強度や施工状況,経過年数などを充分考慮し、建物の強度だけでなく地盤の性質についても調査しなければなりません。
当社では的確な耐震診断および耐震改修を行い、地震に強い建築物へと導きます。

  • 1981年5月以前に建てた建築物である場合
    ※1981年6月に建築基準法が改正され耐震診断が強化されたため、1981年5月以前の建築物は耐震基準を満たしていない場合が多いため、1つの基準とされています。
  • 和瓦・洋瓦など比較的重い屋根葺材で、1階に壁が少ない
    ※このような瓦や屋根素材を使用している場合で、1階に壁が少ない場合は、一度ご相談下さい。
  • 目視で確認できる範囲でも建物の劣化がひどい…。
    ※屋根の棟・軒先が波打っている、柱や床が傾いている、建具の建付けが悪くなったら老朽化と判断します。
  • 床下浸水・大地震・崖上隣地の崩落などの災害に遭遇した
    ※これまでに床下浸水・床上浸水・火災・車の突入事故・大地震・崖上隣地の崩落などの災害に遭遇した等。
  • アパートやマンションの賃貸物件について
    ※マンション・アパートのオーナーとして人に貸し出してはいるが、自分の所有物件が耐震基準を満たしているか、プロの方からのしっかりとした診断結果がほしい。

この度は当サイトをご覧いただきありがとうございます。
当社は、静岡市駿河区を拠点に耐震診断・耐震補強・耐震工事を専門で行っております。
お客様がご自身の建物に対する不安を少しでも取り除けるよう、診断からサポートまで徹底して行います。静岡エリアを中心に愛知県からのご相談も承っております。